首にできたちりめんじわ、女性なら気になるのではないでしょうか。しわができていると、実年齢よりも老けた印象を与えます。周りよりも老けて見られると悩んでいませんか。でも、どうして首にちりめんじわができてしまうのでしょうか。原因は3つあります。

1つめは紫外線の影響です。

肌老化の原因の7割は光老化といわれています。光老化とは紫外線のダメージによって、シワ、シミ、たるみなどの老化が進行することです。首のちりめんじわも紫外線が影響でできることがあります。

紫外線にはUVA、UVB、UVCがあります。UVCはオゾン層で吸収されてしまうので、地上に届いているのはUVAとUVBです。UVBは肌表面に作用をします。UVBを浴びることでメラニンが生成されて、シミやくすみなどを引き起こします。

UVAは肌の奥深くにまで到達します。肌の奥にあるコラーゲンやエラスチンは、肌の弾力を支えているのですが、UVAによってコラーゲンやエラスチンは変性をします。コラーゲンなどが変性してしまうと本来の働きをすることができず、肌の弾力が低下をします。その結果、シワやたるみにつながります。

顔の紫外線対策はしていても、首の紫外線対策は忘れていませんか。基礎化粧品を使ったスキンケアでも、顔のお手入れは念入りにしていても首のお手入れを忘れている方が少なくありません。首にも紫外線はあたります。無防備に紫外線を浴び続けることで、首のちりめんじわにつながってしまうのです。
紫外線による影響を防ぐには、日ごろからしっかり紫外線対策をすることが大切になります。

顔に日焼け止めを塗るときに、首も一緒に日焼け止めを塗るとよいでしょう。日焼け止めを塗るときには、使用量に気をつけてください。日焼け止めはたっぷりと塗らないと効果が期待できないのです。顔全体に塗る場合は、ローションタイプだと500円大が目安になります。首に塗るときもこれくらいを目安に塗りましょう。

そして、こまめな塗り直しも必要です。首は衣服やアクセサリーの摩擦、汗などで日焼け止めが取れてしまいます。ウォータープルーフは汗には強いですが摩擦には弱い性質があります。どんなにSPFやPAが高くても、ウォータープルーフの日焼け止めでも、取れてしまったら紫外線をカットしてくれません。3~4時間に1回塗り直しをすると、高い紫外線カット効果が期待できるといわれています。日傘や帽子も活用するとさらに安心できます。

首にちりめんじわができる原因の2つめは乾燥です。

肌が乾燥をすると、「これ以上肌の水分を失ってはいけない」「外部の刺激から守らなければ」と肌表面の角質層が肥厚をします。厚く増した角質層によってキメが乱れてちりめんじわとなります。そもそも、乾燥するとはどういうことでしょうか。

肌にはもともと水分を保持する力があります。肌の水分保持力の80%は細胞間脂質、18%は天然保湿因子、2%は皮脂によって担われています。乾燥肌で悩む方は、肌にもともと存在するこれらの潤い成分が不足をしています。

また、肌内部の水分が逃げないように皮膚にはバリア機能があります。肌表面にはわずか0.02mmの角質層が存在し、この角質層の構造が整っていることでバリアの役割をしてくれています。

角質層は角質細胞のすき間を天然保湿因子が埋めるような構造になっています。レンガ塀で例えると、角質層がレンガ、天然保湿因子がモルタルにあたります。天然保湿因子がすき間なく角質層の間を埋めることでバリア機能がしっかりと働きます。

ところが、乾燥肌はバリア機能が低下をしています。そのため、保湿化粧品でケアをしてもすぐに肌が乾燥してしまうのです。首は保湿ケアを忘れがちな部位です。顔のお手入れは念入りにしていも、首までケアをしている方は少ないのではないでしょう。お手入れを忘れることが乾燥につながります。

乾燥による首のちりめんじわには保湿ケアをします。保湿化粧品を使って首のお手入れをしましょう。
保湿力が高い成分には、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸、NMFなどがあります。

とくにおすすめはセラミドです。セラミドは細胞間脂質を構成している成分です。乾燥肌はセラミドが不足をしている傾向があります。過剰に洗ったり間違ったケア方法でセラミドが失われてしまうのです。また、20代ころから肌に存在しているセラミドは減少をしはじめます。

セラミドには数種類ありますが、高い浸透力と保湿力を持つものがヒト型セラミドです。人の肌に存在するセラミドと構造が似ていて、肌なじみがよい特徴があります。化粧品には、セラミド2、セラミド3など表記されています。

セラミドは油溶性の成分なので、乳液やクリームに配合しやすい特徴があります。化粧水に配合されている場合は。界面活性剤を大量に使用している可能性があるので気をつけましょう。配合されていても配合量が少ないと保湿力は期待できないので、配合量にも気をつけてください。

首にちりめんじわができる原因の3つめは、よく動かすことです。

首は動作が多い部位です。うなずいたり向きを変えたり頻繁に動かしています。顔も表情をよく動かすとしわができやすいといわれています。それと同じように、首もよく動かしているとしわができるのです。

よく動かす以外にも生活習慣もかかわっています。高さが合わない枕を使用する、スマートフォンをよく使用していて下ばかり見ている、長時間デスクーワークをするなど、同じ姿勢を撮り続けることがしわの原因になります。

しかし、首を動かさずに生活することはできません。そこで、首のケアが重要になります。高すぎる枕や低すぎる枕は、自分に合った高さに調整をしましょう。高すぎる場合は適切な高さのものと交換をする、低すぎる場合はクッションやタオルをしいて適切な高さに調整をします。

自分に合った高さの枕とは、横になったときに立っているときと同じような姿勢を保てるものです。首から背骨までが一直線になるようなイメージです。オーダーメイド枕もあるので、興味がある方はオーダーメイドしてみてはどうでしょうか。

高さが合っている枕を購入しても、使用し続けていると次第に凹んできます。枕も定期的なメンテナンスが必要なので、数年使用したら新しいものに交換をするとよいでしょう。

デスクワークをしたり、スマートフォンや携帯電話の使用で下を見続けているなら、同じ姿勢が続かないように1時間に1回、10分程度休憩をしましょう。軽くストレッチをしておくと、首にかかる負担が軽減します。

リンパマッサージもおすすめです。長時間同じ姿勢でいると血液やリンパの流れが滞り老廃物が蓄積をします。リンパマッサージには老廃物の排泄を促す働きがあり、老廃物が排泄されることで肌代謝がよくなりハリやツヤが回復することが期待できます。

マッサージをする際にはボディクリームやマッサージクリームを塗ります。何も塗らずに行うと摩擦でしわができてしまうことがあるからです。耳の下から鎖骨に向かって、数回優しくなでます。次に鎖骨の下あたりを指で軽く押さえたり、わきの下を刺激します。ここにはリンパ節があり、リンパ節を刺激して流れをよくするのです。

マッサージは軽い力でも十分に効果が期待できます。強い力でぐいぐいマッサージをすると、摩擦が生まれてしわの原因になります。小鳥をなでるように優しい力で行いましょう。習慣にしたり、疲れているときに行うことがおすすめです。