しわの原因の一つが乾燥です。乾燥を防ぐことが、しわを予防することにつながります。
ヒアルロン酸は保湿作用のある成分で、しわの予防が期待できます。

ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸には、皮膚の水分を保持する働きがあります。皮膚は表面から、表皮・真皮・皮下組織で構成されています。ヒアルロン酸が多く存在しているのは真皮層です。

真皮層にはコラーゲンが網の目のように張り巡らされていて、コラーゲン同士をエラスチンが繋ぎ止めています。ヒアルロン酸は、コラーゲンとエラスチンのすき間を埋める用に存在しています。

真皮層にヒアルロン酸がたっぷりと存在することで、肌のハリや弾力が保たれていますが、ヒアルロン酸が減少をすれば肌の乾燥が進行をして、しわやたるみなどの肌トラブルにつながります。ヒアルロン酸は1gで6Lの水分を保持するほどの保湿力があります。

ヒアルロン酸は線維芽細胞によって作られています。線維芽細胞は、コラーゲンやエラスチンも作り出しています。
線維芽細胞の働きは、紫外線、加齢、ストレスなどの影響によって衰えます。線維芽細胞の働きが衰えると、コラーゲンやヒアルロン酸などを作り出す力が低下をするので、ハリを失ったりしわの原因になります。

ヒアルロン酸入り化粧品でケア

肌にはバリア機能があり、外からの物質を通さないようになっています。バリア機能を通過できるのは、分子が小さい成分や油性の成分です。
ヒアルロン酸は分子が大きいため、肌には浸透しません。分子を小さくした加水分解ヒアルロン酸もありますが、浸透をするのは肌表面の角質層までです。

肌には浸透しないヒアルロン酸ですが、しわを防ぐ働きは期待できます。

肌表面が乾燥をすると角質細胞が壊れてしわになります。ヒアルロン酸のような保湿成分を化粧品で与えることで、肌表面の乾燥を予防できてしわの予防になることが期待できます。

サプリメントでヒアルロン酸を摂取するのもよいでしょう。ヒアルロン酸を摂取することで、皮膚の水分保持力が高まったという報告がされています。
ヒアルロン酸は分子が大きいため、腸から吸収されにくいのですが、分子を小さくしたものなら吸収率が高くなります。サプリメントでヒアルロン酸を摂取する場合は、分子を小さくしたものを使用しているものを選びましょう。
食品では、豚足、鶏皮、手羽先、フカヒレ、魚の目玉、海ぶどうなどの他、山芋やオクラなどねばねばしたものに多く含まれています。