小ジワのケアが人気のヒアロディープパッチを利用すれば、ほうれい線を解消できるのでしょうか?

ヒアロディープパッチには小さいヒアルロン酸の針がついています。この針によってヒアルロン酸が角質層を越え、肌の奥深く浸透してゆくのです。

その効果によってほうれい線を上手にケアできます。

ほうれい線の原因について

ほうれい線は、肌がたるんできて頬の肉を支えられなくなりできます。原因には、コラーゲンの減少と変化によって肌の弾力とハリが失われてきます。

それと年齢を重ねてくると喋る機会が減ってきます。更に硬い食べ物を避けるなどして表情筋が緩んできます。顔の皮下脂肪が増加して、肌が垂れ下がってくるなどの原因が挙げられます。

それに乾燥小じわが、そのままほうれい線になることがあります。

肌の保湿が悪くなり乾燥状態になると、皮膚がひび割れ、小じわとして残ります。この皮膚の状態が下の層に影響します。

乾燥によって皮膚の環境が悪化するとその奥の層まで環境が悪くなり、肌のたるみの原因になってしまうのです。

それによって細かな小じわが、遂には大きなほうれい線にまで成長してしまいます。

ヒアロディープパッチについて

ヒアロディープパッチがほうれい線をケアしてくれるのは、乾燥小じわに効果があるからで、ヒアロディープパッチは保湿成分であるヒアルロン酸を肌の奥深く届かせます。

肌の保湿することで、ハリや潤いを回復し、シワをケアしてくれます。

その働きで、ほうれい線も自然と目立たない状態にしてゆくのです。注意すべきなのは、お肌の即効性は急に求めるべきではない、ということです。

使用を開始して1ヶ月目2ヶ月目はいわば準備期間。はっきりと効果が実感できるまで、最低でも3ヶ月は様子を見て下さい。

 ヒアロディープパッチの効果的な使い方

ヒアロディープパッチの効果を発揮させるには、丁寧な洗顔、化粧水、美容液、クリーム、乳液などでお肌のお手入れをしてください。

使用前には丁寧にスキンケアをし、肌にたっぷり水分を含ませれば、ヒアロディープパッチの効果は十全に発揮されます。

ヒアルロン酸の針が解けやすい環境になり、お肌の奥までまんべんなく浸透します。

それから注意点は、ヒアロディープパッチの扱いです。外気・湿気で効力が落ちることがあるので、使う直前まで出さないでください。

貼り直しも、ずらしたりするのもいけません。ヒアルロン酸の針が壊れてしまいます。貼るときは1回ですむように慎重にしてください。

まとめ

使用開始から2ヶ月くらいでやっと目の周辺がふくよかになってハリを実感できます。

そして3ヶ月目以降になると小ジワに潤いが浸透して目立たない状態となり、1日中ハリを保つことが可能となります。

ハリと潤いが常にキープできる状態になるためには、最低でも3ヶ月間は使用を続けると効果があります。

正しく、そして焦らず使うことで、ヒアロディープパッチの効果を最大限発揮できます。