実年齢よりも老けて見られる老け顔。いつまでも若々しく見られたい方は、老け顔なことにコンプレックスを持っているのではないでしょうか。
実年齢よりも若く見られる人がいる一方、老けて見られる人もいます。老け顔に見える方には、5つの特徴があります。このうち1つしか当てはまらない場合もあれば、複数が当てはまる場合もあります。

シワ

目元や口元、眉間などにシワができていると老けた印象を与えます。赤ちゃんにはシワがありませんが、年齢を重ねるとシワが増えてきますよね。
しかし、20代や30代でもシワはできます。
シワができる原因は、加齢、乾燥、紫外線、表情筋の衰えなどです。保湿ケアが不十分、紫外線に無防備に当たっている、表情をあまり動かさないといったことがあると、20代でもシワができることがあります。

目元と口元のシワ対策なら「ヒアロディープパッチ」がおすすめ。

関連記事:ヒアロディープパッチの効果は?実際に使ってみた効果と評判

たるみ

たるみも老け顔の特徴です。目元や口元はたるみやすく、ほうれい線は肌がたるむことでできます。
たるみができる原因は、コラーゲンやエラスチンなどの減少による肌の弾力の低下や表情筋の衰えです。弾力の低下や表情筋の衰えは加齢により進行しますが、紫外線の影響や栄養不足は肌の弾力の低下の原因となります。
最近はスマホの使用によるたるみも現れています。スマホを使用するときにうつむきがちになり、長時間そのような姿勢をとることで皮膚が重力によって下に引っ張られてたるんでしまいます。

シミ

シミもシワやたるみと同じように老けた印象を与える原因です。
シミの原因はいくつかありますが、大きく影響をするものが紫外線です。
紫外線を浴びると肌を守るためにメラニンが生成されます。肌細胞が異常を起こしてメラニンが生成され続けたり、肌代謝が衰えてメラニンを排泄できないとシミになります。

髪の毛の色・ツヤ・ボリューム

白髪が目立つ、髪にツヤがない、髪がぺしゃんこといったことも、老け顔の特徴です。
顔のお手入れはしていても、髪のお手入れはおろそかになっていませんか。栄養不足、シャンプーの影響、睡眠不足などは髪の状態に影響を与えます。
また、ヘアスタイルには流行があり、一昔前の髪型をしていると老けた印象を与えます。

メイク

厚塗りや昔流行ったメイクも老け顔の原因です。
シミやシワなどを隠そうとして、メイクが厚塗りになっていませんか。厚塗りになると肌のツヤがなくなり、若々しさがなくなります。乾燥肌の方は、パウダーファンデーションを塗りすぎると、肌がカサカサ・シワシワになって老けた印象を与えるので、注意が必要です。